So-net無料ブログ作成
検索選択

戒名なんて必要ない [日記・雑感]

こなさん、みんばんは。
太ったせいで、いままでシャープなしゃくれアゴをキープしていたのが残念になっている しゃくれアゴです。

最近、思ったことなんですけどね。
戒名って、必要なんですかねぇ?

みんな死んだら何か知らない戒名を付けられる。
それ、誰得?

 

「○○っている漢字が入っていると位が高いんだ」とか聞くけど、それがどうしたの?
その○○って漢字を戒名に入れるために、坊主(僧侶)に払う金額も変わってくる。

その「院」だか「○○」だか分からない字を戒名に入れた分だけ、坊主(僧侶)の懐が暖かくなるだけだ。

戒名の違いが、成仏に関係あるのか?
そもそも、成仏ってなんだ? 警察が死体を「仏さん」と隠語で言っているのが知れ渡って、死んだ人のことを「仏さん」と呼ぶようになっただけなんじゃないの?

死んだ時点で、成仏しているんじゃないの?
文字通り、「仏に成っている」んだから。

戒名なんて死んだ人には関係ない。ってか、いらないんじゃないの?
死んだ人を悼む人たちが勝手につけたモノじゃないの?

だから私が死んだ時には戒名を付けて欲しくない。
名付け親に申し訳ないと思うから。

ま、みんなはどう思うか知らないけどねー。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。