So-net無料ブログ作成

うつの二人(私と父)の対話 [精神世界(宗教・哲学・思想etc)]

昨晩(05/08)、久々に実家に電話をかけたら、父親が電話口に登場!

ぬぅ。サトルさんですか。
どうやら、最近わたしの状態を気にしていたらしい。そこへ私の電話。
私の精神の波(波動? 波長?)は、父親には感知されているみたいです。

「さいきん、調子はどうだね?」と、とぼけた感じの父親。
そこへ、私は現在かかえている悩み、心の苦痛、現実問題(お金のことなど)、自責の念、死にたがり、自暴自棄、などなどを伝えた。

すると・・・
「う~ん・・・父さんなぁ、そろそろうつ病を脱出しそうな予感がするんだ」と父親。
父さんは、お客さんから仕事(大工)をもらっている。全部任されている。昔の自分を取り戻せるというか、元気な頃の自分を思い出せる。
身体の管理もできるようになってきた。
複雑骨折した踵も「こうすれば痛くなくなる」とか、大工仕事で60歳だけどムリして力仕事をするとすぐ腰や肩に痛みがくる。でも、どうやれば楽になるのか、すぐ分かるようになったらしい。
だんだん身体が強くなってきた感じがするとか。
も・・・もしや?

「父さんさ~、もしかしたら、自分の中の偉大な存在(ハイヤーセルフ?)に通じた?」
「あ~通じちゃったなぁ~」
えぇ~~! そんな軽い感じなの?(^-^;

ここから、父さんの長い説法のような、精神論のような、スピリチュアルカウンセラーのような話が続きますので、箇条書きで整理しながら記します。


 

父さんがやってみたことをダマされたと思ってやってみろ。

反省はするな。省みるだけだ。悪い所は正せばいい。
いまの自分から、一番古い自分の記憶までを振り返ってみろ。
仏教では「内観」、キリスト教では「懺悔」、神道では「省み」というのかな?
気持ちが落ちた過程が見てくる。自分の気持ちを改める。自身が湧く。
「和」を大切にするようになり、偉そ気にならない(できなくなる)。

自分を悲劇のヒーロー(ヒロイン)にするな。
絶対自分を悪く見ることはするな。どんなことがあっても、切ないと思うな。
自分の思いついたコトにたいして、あれこれと肉の頭や常識で判断するな。
いまのうつ病は、本来の自分(守護霊?ハイヤーセルフ?)からいまの自分へ与えられた試練なんだ。もっと自分の精神力を強くしろ。
自分がこの試練にたえ、克服し、再び立ち上がってこれることを知っているからこそ、元来の自分がお前に課したんだ。おまえはこれを克服できるハズだ。

先に進むのが怖いと思っても、足で足場をさぐりながら、手探りしながらでもいいから、まっすぐ歩け。
ゆっくりでいいから、まっすぐ歩け。周りと比べるな。人それぞれ時間の流れが違うんだから。
モノに囚われるな。ただただ歩け。相手は待ってくれている。焦らず歩け。

 

<たとえ話>
自分は物欲(肉欲)の鳥カゴの中に囚われている。小さな自分から脱皮する。鳥のカゴから抜け出せ。
カゴメカゴメの歌。
カゴメは物欲の鳥カゴの中にいる鳥=自分だ。
カゴ(物欲、肉欲)から抜け出すと・・・
「ツルとカメがすぅべった(つぅべった?)」 鶴と亀はおめでたいときに出てくる生き物。「すべった」=総た
本当の自分(人間から人)になることで、総てに対してめでたくなる。

誰かに頼まれて生まれてきたワケではない。
自分の意志で、この世のこの場所に生まれ出でたんだ。
自分の荷物(うつ病との戦い)は、自分しか背負えない。父さんが代わりに背負うことはできない。
周りから見たら、その荷物が重いか軽いかも判断つかない。
だから、周りの人の声に惑わされることなく、自分のペースで荷物を背負って歩け。
自分の足腰を鍛えるため、自分の荷物を背負って歩いていくんだ。

世の中は、「する」か「しない」かの2つしかない。
いまの自分は、いままでの自分でできている。生まれてからいままで、感じたこと、経験したこと、知ったこと、学んだこと。
自分はこの世に生まれ出でたとき、裸一貫で生まれてきたハズだ。この身体は借り物。大切に使えば長持ちはする。身の回りを着飾るようなモノを欲しがるな。そんなモノ、死ぬときは棺桶に入れることはできても、死ぬときはは裸一貫で死んでいくんだから。死んだ後、それをまた使える補償もない。

 

仏教では・・・
仏教が発生して1000年は、正法がまかり通る。
その後の1000年後は、造法(人の手が加わって造られた?)がまかり通る。
そのさらに1000年後は、末法の世になる。とお釈迦様が預言していた。
いまはまさに末法の世である。親殺し、子殺し、見知らぬ人との出会いが簡単に行われ、うわべだけの知人が増える。その知人との関係もうすっぺらなものになる。(ことが多い)

<三種の神器>
●天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)またの名を「草薙の剣」
  剣(ツルギ)とは日本刀などの刀(カタナ)は違い、両刃になっている。相手を攻撃すると同時に刃は自分にも返ってくる。恨みや妬みも一緒。他人のことを悪く言う、妬む、恨む=自分がイメージした他人を恨んだり。妬んだり、悪く思ったり。=自分を恨んだり悪く思うのと同じコト。
相手のコトを悪くいうのは、下衆(ゲス)のやることだ。乗り越えろ。
「人を呪わば穴ふたつ」という言葉は、そういう意味だ。
自分から出たものは、自分に返ってくる。

●八尺瓊の勾玉
  勾玉は2つが揃って初めて1つになる。人でいうと・・・呼吸。「吸う」と「吐く」。どちらもセットで行わないと呼吸困難になる。「する」か「しない」かの1つ。
大極図みたいなもの。

●八咫鏡
  鏡は自分の想いが周りに映る。常に自分を省みる。周りは映像だと気付く。

 

元来の自分に戻るだけだ。だんだん分かる。少しずつ分かる。焦らず歩け。(急ぐと焦るは違う)
ずぼらから抜け出ろ、肉に囚われず、精神的なモノに重点をおけ。
そして、自分を惜しむな。たった一度の人生だ。自分の想い通りにしないで、どうする?
自分の想いの中を、自分の足で歩く。それが天国なのかもしれない。
思ったら、(心の中で)言葉にして、行動にうつせ。

 

いやぁ~。沈みに沈みきっていた私の心が、少しずつですが浮き始めましたよ。
父の言葉は私の聖書/聖典。
いつか私も頭の中のものを実現させ、自分の足で大地に立つよ。

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

REDSTONEでCFギルドメンバのジャックさんと「北方領土について」
会話をしました。
むむぅ。なかなか勉強になりました。
しかし、私は知らなすぎる。知らないコトが多すぎる。
歴史、文化、などなど。もっと学ばないとなぁ~。

 

    ( 'A`) キーコキコ
 ~  (_ ゚T゚
     ゚ ゚̄

  o ○。o  ひとつとぇ~
       ○ o 。  o 一人でお風呂に
 o ○。o         o ○。 入る時は
  o ○o   ∧ ∧ ------    ママに湯加減みてもらおう
   // (*‘ω‘ *) イェイイェイ イェイイェイ オウオウ
    |ヽ---------o------',/ |
   | | ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄| ./∠∠
   ヽ.|__o____o_|/∠∠
      ∠∠∠∠∠∠  ∠∠
   ∠∠∠∠   ∠∠∠


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 1

妻

お父さんは、すごいよね。(・-・)(。_。)(・-・)(。_。)ウンウン
by (2008-05-10 23:15) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。