So-net無料ブログ作成

ドラゴンランス秘史と食玩 [漫画・本・雑誌]

私が中学生の頃から読んでいた「ドラゴンランス戦記」などの「ドラゴンランス」シリーズ小説(当時は、富士見書房が文庫で出版していましたが、倒産?のため絶版となり、近年アスキーが復刊)で、「ドラゴンランス戦記」の1~6巻の中で収録しきれなかった物語というか、語られなかった物語なのかな? そんな内容の小説が「ドラゴンランス秘史(3部作)」として出版され、先日、「ドラゴンランス秘史の3冊目」が発売されました。
タイトルは・・・「ドラゴンランス秘史 時の瞳もつ魔術師の竜」です。

ドラゴンランス秘史 時の瞳もつ魔術師の竜

ドラゴンランス秘史 時の瞳もつ魔術師の竜

  • 作者: マーガレット・ワイス&トレイシー・ヒックマン
  • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2010/09/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

 

ドラゴンランス戦記5巻(聖域の銀竜)と6巻(天空の金竜)の舞台裏と、中立を示す赤ローブを纏っていた魔術師レイストリンが、後に「ランスの英雄」と言われる一行(PT)の一人でありながら闇に落ちた苦悩と戦いが描かれているそうです。
そうです、っていうのは・・・まだ買っただけで読んでません。

 

 

昨日(09/27)に、北千住マルイ内の紀伊國屋書店で探しても在庫なし、北千住ルミネ内のBook1stで探しても在庫なし。西新井駅ビルのトスカ内にある東武ブックスでも在庫なし。
「もう、ヘロヘロだよ・・・。しかし、世界でベストセラー(世界で5,000万部)になっている小説が、なぜこんなにも在庫がないんだろう? まぁ、指輪物語と同じくらい古いか、それよりちょっと後(新しい?)くらいで、もともと魔法使いでヒーロー扱いされてたハリー・ポッターよりも歴史が古く、RPGの元祖と言っても過言ではないAdvanced Dungeons&Dragons(略:AD&D)をベースに書かれた小説なのに・・・。ハリー・ポッターによるファンタジー小説ブームに乗って指輪物語が映画化され再認知されたのに・・・。なぜ、ドラゴンランスはこんなにもマイナーなんだぁーーっ!!?」
と、変な苛立ちを覚えつつ、「もうAmazonとか7&Yとかオンラインでしか買えないのかなぁ」と思っていました。
まだ邦訳されていない作品が沢山あるんだYO。
レイストリンクロニクル(3部作だったかな?)とか、ドラゴンランス英雄伝(著者のトレイシー・ヒックマンやマーガレット・ワイスが書いた作品ではなく、ファンとか関係者?が書いた短編集を集めた奴。富士見書房では薄い文庫本を6冊発売したけど、収録されていない短編集がもっとあるみたい)とか、ドラゴンランス序曲(富士見書房で文庫本として発売したけど・・・絶版。アスキーは、この作品を復刊してくれていないのよね・・・)とか。
さすがに洋書のペーパーバックとか買って読むのは、しんどいし・・・。
安田均さん、翻訳がんばって!ってか、アスキー、もっと邦訳する作品増やしてYO。フォーゴットン・レルムとかAD&D関連小説も復刊してくれているのは嬉しいけど、私は・・・ドラゴンランスにもっと力を注いで頂きたいっ!! お願いしますよー、アスキーさ~ん。

 

・・・・・・
今日(09/28)、職業訓練終了後、帰りに秋葉原で途中下車して、書泉ブックタワーへ行ってきました。
目的は、もちろん「ドラゴンランス秘史 時の瞳もつ魔術師の竜」です。そして、ちょっとオマケだけど、日経ソフトウェアのバックナンバー「2010年05月号」。

さすが、書泉ブックタワー。ビル8階全部が本屋さんだけあって、どちらも無事買うことができました。
日経ソフトウェアの2010年05月号は特集記事で「要件定義からテストまで Javaでアプリケーションを作り上げよう!」が載っていたからですね。
思い立ったらすぐコーディング(ソースをガリガリ書く)のではなく、「どんなことがしたい」とか「あんなこともしたい」とか、実現したいことをまとめて、それを実現するにはどんな機能が必要で(要件定義書?)、どうやってそれを実装していくのか考えて図に書き表して(設計書やフローチャート図?)、それからソースをシコシコと書く。
それが正しい?プログラミングの流れみたいです。

やっぱり独学で学んだり、職業訓練で学んでも、実際の業務での流れは分からないモノです。
上流SE?と呼ばれる人もしくはプロジェクトマネージャ(PM)やリーダ(PL)が、顧客から要望を詳細に聞いて要件定義書として形にして提出して、これでGO!ってなって、基本設計書とか詳細設計書とかフローチャート図とか書いて、そこからソース書くのかな? で、単体テストとか結合テストとか全体テストとかやって、バグをつぶしてオールグリーンになって、やっと納品/顧客の検収っていう流れ・・・かな???
あまり自信ないけど。

システムをいちから構築するのであれば、プログラミングのことばかりではなく、それを動かすための機材(サーバやネットワーク機器)およびソフト(OSやDBなど)も顧客の要望に叶うモノを選定したりするだろうし・・・。
全体の流れはうっすら分かるけど、実際にどの部分にも関わってないからなぁ・・・。
構築して納品されたシステム(サーバおよびネットワーク機器)の運用フェーズだけだなぁ。運用フェーズでの機器増設(サーバ増設)に伴うネットワーク機器設定変更とかなら経験あるけどねぇ。ゼロから設計・構築は・・・ベンチャー企業のシステム情報室の一員だったころに関わったかな? あとはK○○IのMNP申請受付用サーバの構築・・・ってもシステムを作る人たちから「こういう設定でサーバ設定しといてねー」って言われて、その通りに構築したくらいだしなぁ・・・。

と、いうことで興味があって買っちゃったぜ。
買っちゃったといえば・・・・・・

食玩。
今回は・・・ウルトラマン・ゼロ「ベリアルの逆襲」というシリーズみたいです。
100928_1917~01.JPG

2本のアイスラッガー?をひとつにしてます。う~ん、我ながら、ちょっと迫力のある画像になったかなぁ~なんて思ったりして。
このシリーズ(ベリアルの逆襲。ちなみにウルトラマン・ベリアル?の声は雨上がりの宮迫さんね)では、他にも、ウルトラマン・ゼロがパワーアップしたのか、ゼロの別バージョン?フォーム?があったり、父であるウルトラセブンがあったり、義理の祖父?ウルトラキングがいたり、敵であるベリアルの別バージョン?フォーム?があったり。
セブンは、別シリーズの食玩ですでに入手済みなので、キングは欲しいかなぁ。あとゼロの別フォームかな。ベリアルは・・・中は宮迫さんだから、イイや。(^-^;

食玩ウルトラマンは・・・
初代ウルトラマン、セブン、ゾフィ、ジャック(帰ってきたウルトラマン)、エース、レオ、アストラ(レオの弟)、タロウまで持っているけど・・・・・・80とかザ☆ウルトラマンとか、パワード、グレート、ネオスやセブン21は持ってませんねぇ。過去に食玩フィギュアとして売られたことあるのかなぁ?
父と母は買った記憶があるけど、段ボールに入れて押し入れの中で眠っているかも・・・。

平成のウルトラマンだと・・・
平成3部作のティガ(ティガダーク?ダークティガ?含む。中の人はV6の長野くん)、ダイナ(つるの剛)、ガイアV2、アグルV2。その後の作品であるマックス、メビウス(D-BOYS?D-BOY?の五十嵐くん)、ヒカリ・・・。ありゃ、コスモス(辻ちゃんの旦那さま太陽くん)とかジャスティスとかレジェンドとかいないや。 
ノアとか、ネクサスも持ってないなぁ。
おもちゃ売り場のソフビコーナーでは、全員いるみたいですけどね。食玩だと全員揃えるのが大変そうです。(^-^;

 

食玩といえば・・・
最近ワンピーススタイリングだったかな? CP9との戦い?ウォーターセブン編?のシリーズあたりまでは買ったかな(ルッチとかパウリーがいた)・・・あとは映画アラバスタバージョンのカルーに乗ったチョッパーとか単品だけですね。今度、ストロングワールド(金獅子と闘った最近の映画)の食玩フィギュアが出るのかな? もう出てるのかな?
エースの食玩フィギュア欲しいなぁ~。

ワンピースといえば、週刊少年ジャンプでの連載再開は来週月曜日(10/04)発売の44号ですね。待ち遠しいですなぁ~。

 

待ち遠しかったのが、やっと近づいたのが「ベルセルク35巻」ですね。
たしか・・・明日(09/29)発売だったかな?
もう単行本が出る間隔があきすぎ(前は年1冊ペースだったけど・・・)てるから、何冊か前から読み返したりするんですよね。(^-^;

 

ダラダラと、小説のことやら、食玩のことやら、マンガのことを書いてますが・・・
あ・・・来月(10月)の4日って・・・テガミバチ最新巻の発売日だったかな?
・・・・・・タバコ増税前に2カートン買って、既にお小遣いが1万円マイナス6,000円だっちゅーのに、さらに「ドラゴンランス秘史」買ったから、テガミバチ最新巻とベルセルク35巻のどちらを買うか・・・ってマンガの単行本を買ったら、今度は毎週買ってる週刊少年ジャンプが買えなくなっちゃうじゃまいかっ!

・・・週刊少年ジャンプは買って、ささーっと好きなマンガだけ斜め読みして、次に全作品をささーと斜め読みして、最後にじっくり読んだりして、2~3度おいしいんだよ。
週刊プレイボーイの「キン肉マンII世」みたいに立ち読みだけで終わらせられないYO。

マンガはよっぽどのこと(出版社倒産とか絶版とか)ないかぎり、いつでも買えるから、とりあえず週刊少年ジャンプ優先かなぁ。2年後の麦わらの一味がどうなっているのか、オラ わくわくすっぞ。

 

 


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 2

ぺん獣

はじめまして。
自分はファンタジーとか苦手なほうだったけどこのドラゴンランスシリーズだけはほんとに好きで読んでました。一般的にあまり知られてないのがさみしいです。

新しいのぜひ今度チェックしてみます。
by ぺん獣 (2010-10-01 23:44) 

しゃくれアゴ

>>ぺん獣さん
はじめまして。コメントありがとうございます。
ドラゴンランスシリーズを知っている人がいて、嬉しいです。(^-^
最近発売されている「ドラゴンランス秘史3部作」は、「ドラゴンランス戦記」の舞台裏なので、「秘史」だけでも楽しめますが、「秘史」を読んだ後にまた「戦記」を読みたくなったりします。
ストーリーの前後関係とか再確認したくなって。

オススメですYO。(^-^)b

by しゃくれアゴ (2010-10-02 18:43) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。